銀杏の収穫作業、第2弾!

第1弾で収穫してきた銀杏は、大好評で完売致しました。皆様、ありがとうございました。そして、11月4日、雲一つない秋晴れの日に、2回目であると同時に、今年最後の銀杏収穫作業へ行って来ました。(銀杏の実りは期間限定です。)
 収穫場所は、第1弾と同じ市原市の大野邸です。大野さんは、イチョウを家族のように大切に育てていらっしゃいます。大野さんの愛情をいっぱい受けて育った10メートルほどもある大きなイチョウは、可愛らしいオレンジ色の実をたくさん実らせて秋の大地に落としてくれます。それを水に浸してふやかして種を取り出し、真っ白になるまで繰り返し洗浄します。これらの工程を経てできあがるのが、庭ショップで大人気の銀杏です。大野さんちの銀杏は、熱を加えると、翡翠のように美しくもちもちです。味も濃いので一度召し上がった人が、リピートで買いに来られます。大野さんとイチョウの木が、秋を連れてきてくれます。

洗浄は水と砂を使って行います。大野さん直伝です。ビオラのうたでは2回目なので、手際よく洗浄するには、まだまだ時間がかかります。
「洗って干している時の銀杏は、陽だまりの香りです。その香りが大好きです。」と銀杏に愛情いっぱいの大野さん。

          この、美しく真っ白い殻の中に、翡翠色の美味しい宝石が眠っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です