お花の先生にご支援いただいています

ビオラのうたでは、フラワーアレンジメント製品の作製をオリジナル製品の柱のひとつとしております。そのきっかけ作りと可能性をくださったお花の先生の教室へ、職員全員で行って参りました。

みうら先生は、東京で教室を持たれ、多くの講師陣を育てていらっしゃいます。今回は、写真に載っているリースとコサージュを教えてくださいました。みうら先生は、アーティシャルフラワー(リアルな造花)のお花に、命を吹き込むかのようにアレンジされます。みうら先生の作品をご覧になる方は、必ず「これはブリザーブドフラワー(生花を加工したもの)ですか?」と仰います。それほどまでに、お花が生き生きとするのです。同じ資材を使っても、まったく違う作品になります! 

研修時間は各々集中し、ファンタジーな別世界にいるようでした。みうら先生は、素材の選別から完成に至る全ての工程において、アドバイスをしてくださり、ビオラのうたの活動を応援し続けてくださいます。ビオラのうたではそれを胸に刻み、技術の向上を含めて、人々に喜ばれる製品作りの為、これからも頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です